シミが剥がれるクリーム

【シミが剥がれるクリーム】が話題!本当にシミが剥がれるの?

シミが剥がれると話題のクリームはどのような仕組みで剥がれるのかご存知ですか?
ある成分がシミがはがれる秘訣になっているのですが、その成分を解説します!

シミが剥がれると話題になっているクリームには、その成分に原理の秘密が隠れています。
代表的な製品に含まれる成分としては、トラネキサム酸グリチルレチン酸ステアリルなどがあります。

トラネキサム酸とは?


トラネキサム酸は人工的に作られたアミノ酸の一種で、抗炎症や止血作用が特徴です。
医療現場で幅広く使われているほどですから、安全性は高く応用範囲が広がっています。
またトラネキサム酸は抗プラスミン作用を持つので、美容目的の製品にも配合されます。

具体的な作用としては、抗プラスミンが色素細胞に働き掛け、メラニンの生成を促す肝斑の発症を抑えます。
つまり、シミが発生するメカニズムをブロックしてくれるので、新しい色素細胞が生まれにくくなるわけです。
既存のシミに対しても、成長を阻害することで剥がれやすい状態に導いたり、他の成分を助けて改善を後押ししてくれます。
副作用はほとんどないことが認められていますから、幅広い分野で活用されています。

グリチルレチン酸ステアリルとは?


一方のグリチルレチン酸ステアリルは、東洋医学の漢方で有名な成分の一つです。
天然由来なので長期的に使用しても、副作用の心配がとても少ないのが魅力的です。
肝心の作用は抗炎症やニキビの悪化防止、それにかぶれを防ぐ働きなどがあります。
シミに直接働き掛けるというよりも、肌の状態を改善に導くことで、自然とシミが剥がれる状態を実現してくれるのがポイントだといえます。
原理的にはシンプルですが、だからこそそれが積み重なり、シミが剥がれて新しい肌に生まれ変わる流れに結び付きます。

トラネキサム酸やグリチルレチン酸ステアリルの成分で成長が止まったシミは、肌サイクルの進行によって、古い角質となりやがて剥がれ落ちます。
継続的にシミが発生するとイタチごっこですが、シミが剥がれると話題の製品に含まれる成分は、この状態を断ち切って解決してくれます。
代表的な成分には致命的な副作用がなく、作用原理も詳しく解明されているので、安心して使い始めたり継続できます。
早めの使用開始と根気良く使い続けることが大切なので、シミの剥がれる原理が判明している成分を含む、そういった製品を選ぶことが肝心ですね。

 

サイトマップ