シミ取りクリーム ルミナスホワイト 嘘

ルミナスホワイトにささやかれる噂とその真相とは!?

シミ取りクリームように効果の出方に個人差のある商品には、嘘や噂がつきものです。
その中には、正しい使い方がされておらず、誤解してしまっているケースも多いようです。

医薬部外品のルミナスホワイトも効果が無いという噂のある商品であり、きちんと検証してみるとなぜこのような噂が広まったのかが見えてきます。

まずは先にルミナスホワイトの主な特徴を見ていくと、医薬部外品で水溶性プラセンタや3種のヒアルロン酸が配合されており、化粧水・美容液・乳液の機能を備えていますので、これ一つでお手入れが終わります。
ミセル化、エマルジョン化の高浸透が大きな特徴であり、シミやくすみ肌のケアに効果的なアプローチができる商品です。

ターンオーバー周期に注意


使用し始めてから1カ月が経過したのにくすみやシミが全く変わらないと感じる人がいるようですが、これは肌のターンオーバー周期に関係しています。
正常な周期の人でも細胞の生まれ変わりには1ヶ月程度がかかりますので、目視で成果が出ていると確認できるようになるには3ヶ月程度が必要です。
元々ターンオーバーの遅れがちな人はそれ以上の期間が必要になりますので、改善には長い期間がかかることを理解しなければなりません。
特にシミやくすみに悩まされている人はターンオーバー周期が通常よりも長くなっていると考えられますので、短期間では治せません。

きちんと毎日ルミナスホワイトを使ってお手入れをしているのに新たなシミができてきたというケースもありますが、現在できているシミは過去何年ものダメージが蓄積されてできているものですので、ターンオーバーによって改善していくしかありません。
また、紫外線を浴びてメラニン色素の生成量が増えることでも新たなシミが作られてしまいますので、紫外線対策の方法を見直すことも重要です。
日焼け止めクリームを一定時間ごとに塗り直していなかったり、SPF値やPA値が低過ぎるものを使用していることも一因になりますし、日傘などで物理的にカットすることも必要です。

すぐに効果が出ると期待しがちですが、人によっては時間がかかることもあることをキチンと認識することが大事ですね。

 

サイトマップ